情弱が情弱に捧ぐ「Ubuntuの見た目をちょっとクールにする方法」

こんにちは、春休み前半にタスクを詰め込み過ぎ、完全に燃え尽きてしまったすだめです。
ここ1週間程度やる気というやる気がありません。ごめんね各種仕事関係者。

今日は、情報学を学ぶ人がどこかで触れることになるだろう Linux についてのお話です。

想定読者・前提

この投稿の想定読者はこんな人たちです。

  • Ubuntu を使ってみた(使ってみたい)けどなんかダサい(ダサそうだ)と思っている人
  • でも詳しい設定がよく分からない人
  • すだめがどんな設定してるのか知りたい人

この投稿の前提は以下です。

  • Ubuntu GNOME について紹介します。他宗教の人はお帰りください。
  • それほど深い話は書きません。著者が深く話せるほど情強ではないからです。

仕上がり

仕上がり目標はこんな感じです。
画面を見た人から「あれ、これ何使ってんの?」と言われるくらいには Ubuntu 色が薄れてます。たぶん。

f:id:sudame:20180320205942p:plain
いろいろな要素を表示するデモアプリを起動したときの表示

f:id:sudame:20180320210001p:plain
ウィンドウ一覧画面

f:id:sudame:20180320210546p:plain
ツールウィンドウ

忙しい人のために

本稿では、要するに以下のようなことをします。

  1. GNOME デスクトップのインストール
  2. Materia テーマの導入
  3. Numix-circle アイコンの導入
  4. GNOME Shell Extension を適当に導入

やることはこれだけですので、これだけ見て実行できる方はこの後に書かれていることを読む必要はありません。

デスクトップ環境

Linux には「デスクトップ環境」という概念があります。デスクトップ環境とは

ウィンドウシステムにおいて、ユーザーインターフェイスやメニュー、各ウィンドウを統一して表現するための規格や仕様のこと。また、それを実現するユーティリティやアプリケーションを指す。
デスクトップ環境(ですくとっぷかんきょう)とは - コトバンク

ということらしいです。ルー大柴かよって感じですね。
とても簡単に言えば、デスクトップ環境とは「見た目」と「使い勝手」を統一するもの、と考えれば(現段階では)十分だと思います。

今回はデスクトップ環境として GNOME と呼ばれるものを使っていきます。他の Ubuntu のデスクトップ環境としては Unity や KDE と言ったものが挙げられます。なぜ GNOME を選択したのかを語りだすと宗教戦争に発展しますので、ここでは割愛いたします。

GNOME をインストールするには以下のコマンドで。

$ sudo apt install gnome-shell gnome-tweak-tool

GNOME テーマ

GNOME にはテーマと呼ばれる機能があります。テーマを用いることで、GNOME の見た目を統一的にカスタマイズすることができます。

テーマ適用の準備

GNOME はデフォルト状態ではテーマを適用できません。GNOME拡張機能を有効化してテーマを適用していくことになります。
gnome-tweak-tool を起動してください。コマンドラインから起動する場合は

$ gnome-tweak-tool

で OK です。

起動したら、左サイドから 拡張機能 を選択します。拡張機能がズラッと表示されると思いますので、その中の User Themes を有効にしましょう。

f:id:sudame:20180320210403p:plain

これで、GNOME にテーマを適用できるようになります。

テーマのインストール

私は Materia というテーマを使っています。

このテーマは、Google が提唱していてスマホAndroid にも適用されている「マテリアルデザイン」にできるだけ基づいて設計されたテーマです。
私は Android 大好き人間なので、パソコンもなるべくマテリアルデザイン準拠にしようと思ってこのテーマを選びました。

Materia は上記の公式Githubにある通り、以下のコマンドでインストールできます。

$ sudo add-apt-repository ppa:dyatlov-igor/materia-theme
$ sudo apt update
$ sudo apt install materia-theme

インストールしたら、GNOME のテーマ設定を変更します。
先ほどと同様に gnome-tweak-tool を起動してください。
左サイドから 外観 を選択します。テーマ 項目が表示されると思いますので、GTK+GNOME Shell テーマをそれぞれ Materia に設定しましょう。
もし GNOME Shell テーマ を選択できない場合、gnome-tweak-tool を一度終了し、再度起動してみてください。

f:id:sudame:20180320210720p:plain

GNOME アイコンのインストール

GNOME デフォルトのアイコンは信じがたいほどダサいです。この世の終わりかと思います。デフォルトアイコンを使い続けるなら Windows Vista の方がまだマシです。最後のは嘘です。

GNOME ではアイコンも簡単に変更することができます。
私は Numix Circle というアイコンセットを利用していますので、本稿でもそのインストール方法を紹介します。

まずは Numix Circle のインストールから。コマンドライン 1 行でインストール可能です。

$ sudo apt install numix-icon-theme-circle

続いて GNOME にアイコンを適用していきます。
テーマと同様、 gnome-tweak-tool外観 を選択します。
アイコンNumix-Circle に設定しましょう。

f:id:sudame:20180320213042p:plain

見た目の設定はここまでです。
だいぶ麗しくなりましたね。

GNOME 拡張機能

GNOME には機能を追加する仕組みがあり、「拡張機能」と呼ばれます。Google Chrome なんかでもおなじみの仕組みですね。

GNOME Shell Extensions の公式ページから好きなものを選んでインストールすれば良いのですが、私のオススメの拡張機能を数点紹介しておきます。

Dash to Dock

もはや必須の拡張機能です。
GNOME はデフォルトではドック(画面の端に表示するアプリのアイコンが並んだバー)がウィンドウ一覧画面以外で表示されません。
これを改善し、いろいろ設定できるようにしてくれる拡張機能です。

f:id:sudame:20180320211253p:plain
Dockはこれ

Native Window Placement

あると便利な拡張機能です。
ウィンドウ画面一覧を良い具合にコンパクトに表示してくれます。

f:id:sudame:20180320211432p:plain
未適用時

f:id:sudame:20180320211521p:plain
適用時

Native Window Placement - GNOME Shell Extensions

Alternate Tab

GNOMEAlt + tab でアプリケーションを切り替えることができますが、同じアプリケーションで複数ウィンドウを開いている場合、アプリケーション単位で切り替えてしまいます。
それはそれで便利なのですが、アプリケーション単位ではなくウィンドウ単位で切り替えたい人も多いはず。
この拡張機能はそれを実現してくれます。

f:id:sudame:20180320211836p:plain
未適用時

f:id:sudame:20180320211836p:plain
適用時

AlternateTab - GNOME Shell Extensions

Open Weather

トップバー(通常画面上部にある、時間などが表示されているバー)に天気予報を表示できる拡張機能です。
天気予報の精度がすこぶる悪いので参考程度に。お天気情報はOpenWeatherMapから取得しています。

f:id:sudame:20180320212008p:plain

OpenWeather - GNOME Shell Extensions

最後に

忙しいときって「今やらなくてもいいこと」をやりがちですよね。この投稿はそれの結晶です。

芸専通信の「依頼」について思うところ

お久しぶりです。春休みに入ってやたらとタスクが増加して死にそうなすだめです。
これに加えて平日バイトをしているような友人たちには頭が上がりません。
今日はTwitterに書くと余計な炎上を生みそうな案件ですので、ブログに書いていきたいと思います。

バックグラウンド

芸専通信をご存知でしょうか。公式ホームページによると

芸専通信は、学内のイベント毎に宣伝活動を行う筑波大学芸術専門学群の広報部として、10名ほどの有志によって2017年5月につくられました。
-- geitsu-official

というものだそうです。
この芸専通信が新しい試みとしてデザイン制作の受注を始めました。

始めたのは良いのですが、問題となっているのはその価格。
筑波大生の依頼であれば1000円から、一般の方の依頼であれば5000円から受け付けるそうです。

f:id:sudame:20180305002812j:plain geitsu-official
図中にある「トップページに掲出された文章」はこちら

この価格設定について思うところがあったので文章にまとめてみました。

デザイン料の相場

デザインと言っても幅が広いので、ここでは大学生が依頼する可能性が高い(と独断と偏見で判断した)「オモテ面のみのA4サイズのフライヤー」を想定して調べてみます。
画像としてTwitterで拡散したりLINEで回したり、あるいは紙として学類ラウンジに置いておいたりと、"ありがち" なデザイン案件だと思います。

まず見つけたのはこのツイート。

今から半年ほど前にバズったツイートですが、これによるとA4フライヤーの制作費は2万5000円から8万円だそうです。

もう少し調べてみましょう。こちら は株式会社ナウ(大阪でチラシやカタログを作成している会社)のブログからの引用です。

f:id:sudame:20180304231052p:plain
カタログやチラシのデザイン制作料金の相場と内訳を大公開!

これによると個人事業主の場合2万円から4万円という金額が出ています。

また、クラウドソーシング最大手Lancersでフライヤーデザインの依頼欄を見るとこんな具合でした。(ログイン制のサイトなのでぼかし処理をしています)

f:id:sudame:20180304231828p:plain Lancers

こちらもざっくり見たところ2万円から5万円といった価格帯でした。

「筑波大生は1000円〜」という価格設定

以上の調査を踏まえて、この価格設定はデザインにある程度精通している人とそうでない人、両方に摩擦を生じる可能性があると考えました。

まずデザインに精通している人の場合、直感的にこの価格は「安すぎる」ことが分かります。
自らもデザインをしている人であれば、「自分の仕事の価格帯を破壊されるかもしれない」と不安になるのも当然です。あるいは、「1000円程度で作れるデザインなんてたかが知れているだろう」と意味もなく見くびられるかもしれません。

デザインに詳しくない人に対しては「そうかデザイン料ってこんなもんなのか」という印象を与えてしまう可能性が高いでしょう。
芸専通信が何を考えて最低ラインを1000円と設定したのか定かではありませんが、仮に「Twitterのアイコン制作レベルなら1000円で受けてもいいよね」というようなスタンスで設定したとすれば、「1000円でフライヤー程度のものは作れる」と思い込んでいる人と芸専通信の間で近い将来軋轢が生まれる可能性は非常に高いと考えらます。

この価格設定は芸専通信のことを考えた上でも心配の種が小さくないように感じます。

独自性を売り物にする場合はがっぽり貰うべき

これは本当にそう思っています。

利益は差異から生まれます。コンビニはその利便性がゆえにある程度高くても物が売れ利益が出ますし、スーパーマーケットはその安さがゆえに大量に物が売れ利益が出ます。
この「差異」を個人が持っている場合、それは非常に強い武器となります。流暢にはっきりと話すスキルを持った人はアナウンサーとして生計を立てられますし、プログラミングを書く技術を身につけた人はプログラマーとして食べていけるでしょう。
芸専通信の場合、構成員が持っている高いデザイン能力は他のほとんどの大学生が羨ましがる「差異」です。質の高いデザインなど当然誰にでもできるわけではありません。 アナウンスやプログラミングと違い、デザインはいつでもどこでも求められるものです。いつでもどこでも求められるのにそれを実現できる人は少ない、だからデザインは高く付くのです。いや、高く付くべきなのです。

独自性を安く売るという行為は、同じ部分の差異を売り物にしている同業者を危険に晒すだけではなく、自分の価値を下げることにも直結します。
1000円というのは一般的な大学生の1時間分の給料に相当します。1000円で受注したデザインが数十分で完成するなら良いですが、そんなデザインなかなか無いはずです。デザインに費やす数時間はたった数千円程度の価値なのでしょうか。芸専の人がデザイン制作に費やす数時間(数日)は、今まで20年前後生きてきて培ったデザイン能力を活用する数時間(数日)でもあるはずです。これがそんなに安く売られて良いと私は思いません。
何でもかんでもお金に換算するのは下品ではありますが、お金を取る以上、適切な価格帯を設定することが自分たちを守るためにも必要なのではないかと思います。

なぜこんな文章を書いたのか

ここからは自分語りのようになってしまうのですが、「終わりに」に代えて、芸専通信の人も友人関係の中にあるにも関わらずなぜこのような文章を書いたのかを書いておきます。

私は芸専の人をとにかく尊敬しています。
私はイラストは下手、デザインセンスは無い、毛筆はミミズ文字、手は不器用、という究極とも言えるような非芸専人間です。
尊敬するような技術を持った人たちがその尊敬する技術をあまりに安く売っていたら、彼ら彼女らを尊敬する身としては「なんて勿体無いことを…」と悲しい気持ちにもなるのは理解いただけるはずです。

また、実は仲間内で「このデザインは芸専の人にお願いしてみたいね、やってくれたらもちろん相応のお金は出そう」という話がタイムリーにも持ち上がっていました。その話の中で出た金額と今回の金額があまりにもかけ離れていたため、その点でも少々寂しいような気持ちを抱きました。

この文章は私の個人的な意見です。これが総意だ、などと高飛車なことを言うつもりは毛頭ありません。
ただ、少し悲しくなったので文章にまとめてみたまでです。

文末がまとまらなくなってしまいましたが、以上です。

その学類Slack、本当に必要ですか

これは戦争を巻き起こす話題ですが、今回はSlackについて書き連ねたいと思います。

書いていてだいぶ長くなってしまった上に大した内容もない文章なので、Twitterを追うのにも飽きてきたつくばエクスプレスの車内なんかでお読みください。

そもそもSlackとは

Slackの公式ページの「Slackって何?」には次のように書いてあります。

Slack とは一連の業務の拠点となるデジタルワークスペースです。人々と組織、そしてツールをつなぐことで、作業効率を改善し、組織を活性化します。

詳しくは「Slackって何?」を読んでいただければいいのですが、要するにSlackは業務用に特化したコミュニケーションツールです。

大きな特徴は、1つのワークスペース(例えば「情報科学類新歓委員会」)の中に複数のチャンネル(例えば「宿舎入居支援班」「懇親会運営班」など)を持てること。これは会社の中に会議室がいくつかあるようなもの。この機能によって、会話が混ざり合わずに済みます。Slackは仕事をするのにはうってつけのツールと言えると思います。

他にも様々な優れた機能があるのですが、この投稿はSlackを紹介するのが目的ではないので、機能紹介は上記「Slackって何?」やこちらの「Slack使い方完全ガイド」に譲ることにします。

Slack大好き人間が考えること

私をはじめ、Slackを一度使いこんだ経験がある人は「なんて素晴らしいツールなんだ!」と目から鱗ボロボロ状態になります。そしてこう言うでしょう。あらゆる場面でSlackを使いたくなります。そして熱に浮かされたようにこう言うわけです。「クラスLINEをSlackに移行しよう」「学類のLINEをSlackに移行しよう」と。

しばしば起こるLINE vs Slack戦争

私の周りやTwitterのタイムラインでは、しばしばLINE vs Slack戦争が勃発します。LINEを使いたい人の言い分は「LINEで十分じゃないか、なぜSlackに移行するのか」というもの。一方Slackを使いたい人の言い分は「Slackは素晴らしいんだからSlackを使おうよ」というもの。

ここで私の立場を明らかにしますと、私は基本的にはクラスや学類にSlackを導入するのは反対という立場です。

私は筑波大学情報科学類17年度入学者の同級Slackチームを作って運営していますが、その上で、やはりクラス・学類のSlackは不要だったのではないか、という反省をしています。

(ただし、情報科学類はIT系の学類ですし、導入して悪かったとは思っていません。Slackチームを解散するつもりもありませんし、今後も管理していく所存です。)

Slackは意外なほどマイナー

あれほどSlackを褒め称えたのにクラスや学類にSlackを導入するのにはなぜ否定的なのか。

まず、Slackは未だそれほど一般的なツールであるとは言えないという点です。2016年のデータですが、以下の画像 を見ると2016年10月の時点でアクティブユーザー数(推定)は約8万ユーザー。(出典: 毎日400万人が利用する「Slack」、日本の利用状況は?)

Slack MAU 2016

一方、同時期のLINEのアクティブユーザー数は2016年の第4四半期で約6600万ユーザー。(出典: Number of monthly active LINE users in Japan as of 3rd quarter 2017 (in millions))

LINE MAU 2017

本来なら同じ出典元のデータで比較するべきなのでしょうが、この比較だけでも800倍以上の開きがあるのが分かります。

これだけLINEが浸透している日本で、仕事ではなく、かつそこそこ大人数が所属するコミニュティにあえてSlackを導入するメリットは果たしてあるでしょうか。これはズルい論説かもしれませんが、マジョリティはLINEユーザーです。もしSlackを導入することになったとしても、Slackは圧倒的マイノリティであることを自覚した上で丁寧に移行するのが大事と言えそうです。

Slackはコミュニティ外との連絡に弱すぎる

Slackはコミュニティを中心に設計されたツール、LINEは個人を主体に設計されたツールです。

同じコミュニティ内で話しているときはSlackもLINEも問題ないのですが、コミュニティ外の人に連絡を取る手段がSlackにはほとんどありません。

違うコミュニティの数名で連絡をとりたいとき、LINEでは誰か1人ずつが友だちになっていさえすればその場でグループを作って連絡を取ることができます。しかしSlackで同じことをやろうとすると、誰かがワークスペースを立ち上げ、招待URLを参加者に送信し、参加時には名前や表示名を登録してもらい…と非常に煩雑です。

Slackはハードルが高い

Slack未体験の人にSlackを使ってもらうには、まず当然Slackアプリをインストールしてもらう必要があります。今までLINEだけで生活できていたのに、新しくSlackをインストールするというのは若干抵抗があることでしょう。「無くてもどうにかなっていたアプリ」を新たにインストールしてもらうのはまず1つ大きなハードルです。

Slackは高機能ですが、その反面なかなかに複雑なアプリで、使いこなすにはそれなりに慣れが必要です。仕事で必要ならば機能を覚える気にもなりますが、仲間内のコミュニティにはオーバースペックかもしれません。通知1つを取ってみても、様々な設定があります。この設定をミスすると通知が一切来なくなったりもします。わざわざいろいろな設定を覚えるのは煩わしく、これもまたハードルとなるでしょう。

そのグループ、そんなに活発ですか?

Slackの特長の1つは先述の通り、議論が活発になっても話が混ざらないことです。これは言い換えるとSlackを効果的に使える前提条件は活発な議論(あるいは会話でもいいでしょうが)が行われているということです。

そもそもあまり活発ではないコミュニティにはSlackを導入するメリットが薄いです。#generalチャンネルと#randomチャンネルだけのワークスペース、しかもどちらも前の会話は1週間前…なんていうSlackチームはLINEで会話しても何の問題も生じないことが大多数ではないでしょうか。

まとめ

Slackはもともと業務用に作られたツールです。業務用ツールはおとなしく業務用目的で使うのが一番なのでは、というのが1つの結論です。(Slackをbetween代わりに使う異次元カップルなんていうのもこの世界には複数存在しますが、結婚式の2次会をGithub(エンジニアのプログラム共有サービス)で管理する人も存在する世の中なので気にしてはいけません)

確かにSlackは便利かもしれませんが、便利さと必要性はまた別次元の話です。コミュニケーションツールの移行というのはストレートに、大勢にコミュニケーションの方法を変えろという命令となり得ます。便利だからとゴリ押しするのではなく、便利さと負担をよく天秤にかけた上で判断するのが良いのではないでしょうか。

さいごに

これでおわります。

次回つくばエクスプレスに乗るときに少し楽しくなる読み物

こんにちは。Twitterのアカウントが凍結されるとこんなにも暇なんですね。日頃Twitterにどれだけ時間を取られているのか身にしみて分かります。

暇すぎて暇なので、暇つぶしとして暇つぶしに読める投稿を書こうと思います。

交直切り替えポイントを感じろ

いきなり「交直切り替えポイント」などと言われてもなんのこっちゃ、って感じでしょう。

電車というものは、基本的に直流電流か交流電流のいずれかの電流方式で走ります。どちらにも対応するのは面倒ですしコストもかかるので、当然といえば当然です。

しかし茨城県には邪魔者がいます。その名も「気象庁地磁気観測所」。こいつの周囲半径35km圏内では、電車は直流電流で走ることが許されません。電車を走らせるための高圧直流電流が観測を狂わせるからです。

そこでつくばエクスプレスは「路線の途中で交流と直流を切り替える」ということを行います。

その切り替えポイントは、守谷駅みらい平駅の間。直流と交流を切り替えるときに何が起こるかというと、基本的に何も起こりません。車両がガタガタ言うわけでもなければ、急に減速したりすることもなく、当然車内放送なんかもありません。

じゃあどう感じるんだよ、と言われそうですが、ちゃんと感じる方法はあります。つくばエクスプレスはドアの上に停車駅をランプの点灯で示した路線図がありますね。そのランプが、交直切替中は消えます。

車内の照明は点きっぱなしですし、反対側のドアの上にある電光掲示板も点灯していますから、路線図だけ消えるのはおそらくつくばエクスプレスのサービス精神によるものでしょう。

今度つくばエクスプレスに乗った時は、守谷駅みらい平駅の間でジッと路線図を見てみてはいかがでしょうか。

2018/01/23 00:16 追記

交直切り替えのところに、「エアコンが止まる」「屋根上と床下からガコンと音がする」を追加して

だ、そうです。ガコン音は知りませんでした。情報提供は いろどり君。(追記終わり)

筑波大生のオタク度を高める計画がある

筑波大生、オタク多いですよね。僕の周りに多いだけかもしれません。そんな気がしてきました。

オタクの祭典といえばコミケコミケといえば国際展示場。行ってみると分かりますが、つくばから国際展示場に行くのは案外面倒くさいです。今まで山のような筑波大に生息するオタクが「つくばエクスプレスが国際展示場まで伸びればなあ」と思ったことでしょう。いや、そんな贅沢想像さえしなかったかも知れません。

実はそれ、国が計画しています。

そもそもつくばエクスプレスは「常磐新線」として構想され、元々は国鉄、JRが運営するはずのものでした。しかしJRが予算不足であり、しかもJRは「茨城に新路線?儲からないっしょww人いねぇじゃんwwwwwww」というスタンスだったので、計画はJRの手から離れます。

しかし筑波大学もできたことですし、計画の沿線自治体はどうしても鉄道を誘致したい。そこで自治体が取った作戦は「鉄道の沿線自治体が株主となり、私鉄として鉄道を敷く」というもの。いわゆる第三セクターという形です。

この当時、つくばエクスプレスの東京都側の終着駅は「東京駅」でした。実際、 流山市の資料には東京駅のどのあたりにつくばエクスプレスのホームを置くかという具体的な図まで載っています。

しかしつくばエクスプレス第三セクター。お金がありません。秋葉原駅から東京駅まで開業するには1000億円も不足がありました。困ったつくばエクスプレスは、「1000億円をかき集めるよりも、とりあえず先に秋葉原つくば間を開業させる」という策を取りました。これが今のつくばエクスプレスです。

つまり、つくばエクスプレスはまだ発展途上路線、建設計画はまったく完遂されていなのです。

以上の通り、開業当時からつくばエクスプレスを東京まで伸ばすという話はありました。

物語はまだ終わらず、首都圏にはもうひとつ全く別の計画が存在しました。それは「東京駅付近と東京臨海部をつなげる」というもの。これは豊洲市場がオープンすることともリンクした話です。その東京臨海部に何があるかというと、そう、国際展示場です。この計画の大枠は「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」ですから、国際展示場駅(あるいは付近の駅)には接続すると考えて問題ないでしょう。

これらの2つの計画を抱えた国が何を考えたかというと、「2つの計画合体させれば安く済むんじゃねw」という安直極まりないアイデアです。つまり、「つくばエクスプレスを東京まで延伸、ついでに東京臨海部まで鉄道を敷き、そいつらを相互運用する」という案が突如として浮上したというわけです。

ダラダラと書きましたが、要するにつくばと国際会議場を直結させるという計画を国は考えているということです。そんなの須田の妄想じゃねぇの、と思う方はこの資料の30ページをご覧ください。

めちゃめちゃ速いつくばエクスプレス

つくばエクスプレス、高いですよね。その分速いという意見もありますが、まったくもってその通りです。

どのくらい速いかというと、なんと国内最速です。

さすがに新幹線や特急列車には負けますが、追加料金無しで乗れる列車(JRで言う「普通」「快速」のくくり)の中では北海道の「快速エアポート」、瀬戸大橋を渡る「マリンライナー」、常磐線の快速に並んで国内最速の130km/hです。つくばエクスプレスの快速はつくば-北千住間の停車駅が極端に少ないため、この区間ではほとんど100km/h超えをキープします。

また、今回この投稿を書くために調べていて初めて知ったのですが、この資料によると、将来的な最高時速は160km/hだそうです。そこら辺の特急よりも速いですね。都内まで30分という未来も遠くないかもしれません。

つくばエクスプレスは地下にもぐってみたり比較的キツいカーブがあったり高架区間があったり川を渡ったりと、かなり車景が楽しい路線です。乗客が多くて立たなければならないとき、しれっと運転室の後ろに立って前面の景色を眺めてみれば楽しいこと間違いなしです。

いろいろ無い

つくばエクスプレスに乗っていると、やたらと線路がシンプルなことに気づきます。鉄道好きじゃないと気づかないと怒られそうですが、とにかく気づいたことにしましょう。

なぜシンプルになっているかというと、普通に目に見えるところに信号機が無いことと、踏切が1つも無いということが原因でしょう。

つくばエクスプレスの信号機はどこにあるかというと、運転士さんの目の前、あのゴチャゴチャした機械の中にあります。つくばエクスプレスでは信号機を設置したり整備したりするコストを下げたり、「都内に入ったらキツキツのダイヤ、都外では高速運転」という特殊な運転に対応したりするため、他の鉄道ではよく見かける地上配置の信号機を無くし、列車本体に信号機を組み込んだのです。

つくばエクスプレスには踏切もありません。踏切は事故の多発ポイントですから、踏切が多い路線では手放しに列車を高速で走らせるわけにはいきません。どうしても高速で走らせたいつくばエクスプレスは、踏切を1つも作らないことにしました。道路が多くすでにたくさん鉄道が張り巡らされている都内では地下を、郊外では周りより一段低くしたり逆に高架にしたりして対処しています。しかしこのような路線を建設するには莫大な資金が必要です。先にも記したように、つくばエクスプレスが東京駅ではなく秋葉原駅発着である原因は資金不足。踏切がなく安全な路線を建設する代償として、つくばエクスプレスの終着駅は秋葉原になったと言っても過言ではないでしょう。

「無い」に絡めますと、つくばエクスプレスでは人身事故がほとんど発生しません。2018年でつくばエクスプレスは開業から13年となりますが、事故による死者は調べた限りたったの3名。この低事故率は全ての駅の全てのホームにホームドアが設置してあるという理由が大きいと思われます。ただし、ひとたび事故を起こすと、その復旧には長時間を要します。経験が少ないので慣れていないのでしょう。2017年の10月にみらい平駅で起きた自殺の人身事故では運転見合わせが3時間半も続きました。都内の鉄道が1人自殺した程度で3時間も見合わせたら怒られてしまいます。

さいごに

暇に任せて書いていたら結構な分量になりました。ここまで読んだ人は相当な暇人なんだろうな、と思います。

須田のぶっ叩きマナー

あけましておめでとうございます。日々何かのマウントを取ったり取られたりしている須田です。僕はいったい何と闘っているのでしょう。

「そんなものが存在したのか」と言われそうですが、今日は僕がTwitterで何かしらをぶっ叩くときに気をつけていることを紹介します。

はじめに

この投稿はもしかすると非常に不愉快なものかもしれません。気に食わなかった人は適当に「すだめくたばれ」などとツイートすると良いと思います。

まず「ぶっ叩く」の言葉の定義をしておきましょう。デジタル大辞泉によりますと、 叩く」の3のウの項「に

相手の言論・文章などを徹底的に批判する。強く非難する。

とあります。この文章内での「ぶっ叩く」はこの定義に従うことにしましょう。

なお、この文章は「こうするといいよ」とか「こうすべきだよ」という文章ではなく、単に「僕はこうやってるよ」という文章であり、いわばポエムです。その点は理解した上でお読みください。

1. 叩いてよいか考えてから叩く

こう言うと大げさかも知れませんが、人や物を批判するときには「大義」があるかをまず考えます。

基本的に、「批判」というのは誰かが傷つく行為です。どんなに小さな批判でも、批判された側からすると少なからず悲しくなるでしょう。

無意味に人を傷つけてはいけないというのが僕の信条(おそらくほとんどの人がそうでしょうが)です。誰か・何かを叩くときは、相手が傷つくことを折り込み済みでなお叩きたいかを考えます。その上でなお叩きたければ叩くし、いやそれほどでもないなと思えば我慢します。

2. 感情的にならない

感情的になったら批判はおしまいです。感情的になってしまった瞬間、批判はただの喧嘩に降格します。Twitterは不毛なSNSですから、Twitter上で行われる批判も当然不毛です。しかしTwitter上で行われる喧嘩は批判のそれと比べ物にならないレベルで不毛です。毛、無しです。

理論的に批判ができればよいのですが、僕の脳は弱いので、いつでも理論的に批判ができるわけではありません。ただし最低限、感情的な批判にはならないように気をつけているつもりです。

3. 叩き続けない

これは重要です。ぶっ叩きは短期決戦です。言いたいことをスパっと言ったら、あとはタイムラインの流れに任せる。筑波大のTwitterのタイムラインは、どれだけ長くても話題が保つのは1時間半というところ。その「話題の賞味期限」を超えてまでぶっ叩き続けるのは禁止事項です。

誰か・何かをぶっ叩くと、ほとんどの場合タイムラインが騒ぎます。誰かが便乗したり、逆に反論されたり、@_null17が「不穏!w」とツイートしたりします。こういった盛り上がっている間は言いたいことを言いまくります。が、話題が別に移ったあとは静かに手を引きます。タイムラインの流れといっしょにそのまま別の話題に流れるのが賢いやり方な気がします。

4. 長文ツイートはOK

長文ツイートは嫌われがちですが、ぶっ叩くときは長文ツイートを使ったほうがよい場面も多いと思っています。無理に短いツイートにしようとすると、自分が思っていない解釈をされてしまい、叩きたくないものまで叩いてしまう可能性があるからです。

しかし短いツイートで的確に斬ることができるならそうしたほうがよいのは確かです。短いツイートは多くの人に読まれますし、短文でのぶっ叩きは破壊力が大きいことが多いです。

5. 翌日以降読み返す

自分がしたぶっ叩きツイート群とそれに付いたリプは翌日以降に読み返します。わざわざ読み返すというより、何となく気になって読み返してしまいます。

読み返して何かするということはまずありません。ツイートを消すことはほとんどしませんし、感想を呟くようなこともしていないつもりです。何のために読み返しているのか自分でもよく分かりませんが、醒めた頭で読み返すのには何か意味があるかもしれません。

さいごに

特に伝えたいこともないまま書いた文章なので離乳食のようにふやけた印象となりました。ここまで読んだみなさんは「だからなんだよ」と思ったでしょう。僕もそう思います。

ニワカもすこれ

これは TLのオタク Advent Calendar 20 日目の記事です。

TLのオタク Advent Calendar の Adventar は こちら

TLのオタク Advent Calendar の前回の投稿は ss(えすえす)のすすめ

SSを読んでいたら妄想が止まらなくなりました。今晩僕が車轢かれたとしたら、「あいつ結局妄想止まらないまま自転車乗ったんだな」と思っていただいて構いません。

自己紹介

こんにちは、coins17を代表するイキり人間、すだめ( @ITF_sudame )です。

Advent Calendar 20日のぶん空いてるじゃないかと思ってエントリーしたのが間違いでした。期末試験と投稿が丸かぶりして死にそうです。本当にありがとうございました。すだめ先生の次回作にご期待下さい。

さて、 僕はオタクではありません(太字)

これは本当にそうで、なんとなく好きなものはありますが、語れるほどのものはありません。逆にアンチなものもほとんどありません。コンテンツに対して愛着が薄いのかもしれません。

オタクカレンダーに書くなと言われそうですが、今日は悲しき無趣味者の嘆きと望みを聞いてくれると嬉しいです。

ニワカ/無趣味者とは何か

ニワカと言うと語弊があるかもしれませんが、ここではニワカと無趣味者は同じだと考えてくださってかまいません。じゃあなんでニワカと書いたかって?パワーがあるからだよ(正直)。

無趣味者というのは趣味が無い人のことです。これほど意味がない文も珍しい気がしますが、つまりそういうことです。これだけ読むと「ただノリが悪い人なだけでは……?」と思われる気がしますが、そういうことは無くて、例えば「カラオケ5時間行こうぜ」と言われればまあ行くし、「○○上映会やろうぜ」と言われればまあ行く、でも別に語れるほどのものはない、そんな感じです。

無趣味者の悲しみ

無趣味者は悲しい生き物です。

何か空き時間ができたとき、趣味がある人は活気さえあれば「よっしゃ時間空いたから××しよう!」となると思いますが、無趣味者はここでNullPointerExceptionを吐き出します。趣味がないので何かをしようとしても気持ちが空回りするわけですね。

想像してみてください。6畳の部屋。課題のレポートの提出が終わった。暇だ、何かしよう。立ち上がる。何しよう。何もない。座る。あーーーー暇。暇暇暇ァ!!!!!

どう考えても辛いし、精神異常一歩手前でしょう。無趣味者の僕は暇になるたびにこんなことをやっているわけです。夏休みなんてもう地獄ですよ。中学時代、周りの人たちがネトゲにハマる中、ハマらなかった僕は意味もなく自転車で浜名湖をn周しました。一歩手前どころか立派な異常者ですね。

それだけではありません。無趣味者には友達が少ない。ラノベのタイトルみたいですね。はがない。まんまじゃねぇか。

趣味を持っている人はその趣味で繋がります。類は友を呼ぶというやつですね。好きなものを語り合うのは楽しいことでしょう。好きなコンテンツを一緒に消費する友達がいたらそれは間違いなく幸せなことです。

では無趣味者はどうか。無趣味者たちで集まってみたところで、「暇だね」「そうね」の会話が無限回繰り返される未来しか見えません。これと言って好きなものがないので、お互いどうしていいか分からない。それだったら自宅でTwitterをやっていたほうが気が楽というものです。

無趣味者の望み

この項目では「無趣味者」だと主語がでかすぎるので、主語を「僕」に切り替えます。

僕は無趣味者ですが、どのアニメを見てもだいたい幸せになれるし、どの音楽を聞いてもだいたい楽しくなれるし、どの漫画を読んでもだいたい入り込めます。趣味がないだけであって、楽しめないわけではないのです。

そんな僕がオタクの皆さんにお願いしたいのは、「布教活動を活発化してほしい!」ということです。

無趣味者の唯一の利点はだいたい何ごともそれなりに楽しめることです。オタク集会に呼ばれれば多くの場合楽しく過ごせるはずです。そして無趣味者の望みは趣味を得ることです。すべての無趣味者がそうであるということは無いと思いますが、少なくとも僕はそうです。

オタクの面々には無趣味者(=僕)のために自らのオタク分野を熱く語って欲しい、熱く紹介して欲しい、あわよくば僕の趣味を発見して欲しい、そう思うわけであります。

終わりに

終わります。

情弱の情弱による情弱のためのプログラミング課題の潰し方

これは coins Advent Calendar 6 日目の記事です。

coins Advent Calendar 2017 の Adventar は こちら

coins Advent Calendar の前回の投稿は こちら ※5日目は未投稿です…。

自己紹介

こんにちは、coins17を代表するイキり人間、すだめ( @ITF_sudame )です。

僕がイキってばかりいるのは間違いないのですが、「イキリオタク」を自称していたところ「オタクではないよね」と指摘を受けました。世知辛い世の中ですね。

今回は空き日ができそうだったのでプログラミング課題の潰し方について思うところを書くことにしました。coins Advent Calendar ではありますが、coinsのっょぃ人向けの記事ではなく、「プログラミングの課題なんてやってられねえよ…辛いよ……」という皆様向けの記事となります。

注意事項

この記事はプログラミングで食っていけるような"""つよい"""人間が書いているわけではありません。

「それはさすがに違うわ」「何言ってんだこいつ」「クソして寝ろよ」と思うような点がございましたら、僕のTwitterにリプなりDMなりを送りつけてくれると嬉しいです。

また、coinsの皆さんは「いやいやいやwwwそんなこと言われなくても分かってるわwwww」と思われるかもしれません。思われた場合、あなたはこの記事の対象読者ではありません。ごめんなさい。それでも怒りが収まらなければ、僕のTwitterをスパブロするなりすればいいと思います。お手数おかけします。

課題を潰す手順

この章は読み飛ばして全く問題ありません。物好きな皆さんは読みましょう。

課題文を読む

まずは課題文を読みましょう。まずは課題文を読みましょう。大事なことなので2回言いました。

課題文を読まなくても解ける問題はあるでしょうが、課題文を読まなければ解けない問題が大半です。東大合格者の実に99.9%は問題文を読んでいるという統計結果もあります[要出典]。

後ほどの「詰まったときは」でも触れますが、課題文には落とし穴が潜みがちです。自分が何をすればいいのかをしっかり明確にしてから課題に取り組むと良いです(自戒)。

書く

書きましょう。

基本的に、初学者向けのプログラミングの課題は授業で習った範囲の記法・文法で解決できるはずです。

これまでの課題から引き続いた内容の課題である場合も多いと思いますので、前回までの課題と比較しながら書くのもよいと思います。

どんなエディタを使っても構いませんが、少なくとも行番号は表示しておくべきだと思っています。エラー箇所を探したりするのに必須です。他宗教の方もいらっしゃると思いますが、ご寛容に。

出す

書いたら出しましょう。書いたら出しましょう。書いたら出しましょう。書いたら出しましょう。大事なことなので4回言いました。

プログラミングの課題、なぜか書いた後満足して提出忘れがちです(体験談)。書き終わったらTwitterを開く前にmanabaを開きましょう。

詰まったときは

ここまで読んできて、「そんなことは読む前からやってるわ、○ね」と思った方が多いでしょう。

この章では詰まったときにどう対処したらよいのかをダラダラと書いていきます。

初手から書けません

隣の席の人に助けを求めよう。以上だ。

書いてみましたが、思い通りの結果になりません 思い通りの結果にならない場合、あなたが書いたコードのどこかが間違っていたり足りなかったりします。その抜け穴、「バグ」を探す作業(デバッグ)が必要です。

バグ探し、すなわちデバッグの方法は山のようにありますが、最もお手軽な手法は「printデバッグ」です。(このprintデバッグには批判も多いのですが、課題程度のプログラムならアリでしょう。)

やることは単純明快で、「ここミスってんじゃね?」と思っている変数を print関数(printメソッド) で出力してもらうだけです。もちろんJavaなら System.out.print() 、rubyなら p() 、Cなら printf() というように言語にあったものを使ってください。

(幼稚ですが)if文の分岐の中に print('こっちの分岐に来たよ!') と書くだけでも、プログラムがどう動作しているのかを確認するヒントになります。

また、何らかのIDE(統合開発環境)を使っているならば、デバッグ機能が搭載されていることがほとんどです。ここでは細かい説明は避けますが、ぶっ倒れるほど便利なのでぜひググって活用しましょう。

実行しようとするとエラーが出てしまいます

エラー文をよく読みましょう。授業で扱うような最近のプログラミング言語ならば、親切にエラー文を出してくれるはずです。エラー文のほとんどは簡単な英語(優しいものだと日本語化までしてくれる)なので、読んで読めないということはないはずです。英語がずらずらと吐き出されるので億劫ですが、まずは目を通しましょう。

エラー文を読み解くコツとして、 自分が実行したファイルの名前を探すというものもあります。多くの場合、ファイル名の後に数字が書いてあり、その数字はエラーが発生した部分の行数を表します。示された部分を重点的に読みなおしましょう。

エラー文の中には何を言っているのか分からない部分が多くあります。そんな時は エラー文をそのままコピーしてGoogle検索にかけましょう。大抵の場合、エラーの内容を解説してくれている記事が見つかるはずです。

質問したいです

友達や先生がその場にいるならば質問できるので問題ないでしょう。

問題はLINEやらTwitterやらで質問したいときです。こういった場合は、必要な情報をしっかり示して質問しましょう。質問に回答するときに最低限必要なものは次の3つです。

  • 課題文
  • 書いたプログラム
  • 実行した結果

以上を示して根気強く質問すれば、プログラミングが書けかつ忍耐強い人なら誰でも回答できるはずです。しかし人のプログラムのバグを探すのは相当な労力を要するので、断られたら諦めましょう。

実行できませんがエラーも出ません

諦めて寝ましょう。

イキっておきたいこと

coinsをはじめ身の回りに強い人々がゴロゴロいる中でこの記事を書くのは少々辛いものがありましたが、最後に少し言っておきたいことを連ねて締めさせてもらいます。

灯台の下は本当に暗い

暗いです。多くのバグは灯台の真下に澄ました顔をして転がっています。どうにもこうにも不可解なエラーが出たときや、バグを直しているにも関わらず変化が見られないときは、その前提が何か間違っていないか見直しましょう。

直しても直してもエラーが消えない、おかしいと思って15分ほど悩んだ結果、編集しているファイルと実行しているファイルが別物であることに気づくことなんでよくあることです(当社比)。

理由を付けて嘆こう

「できねええええ」と言っても何ができないのか分かりませんが、「ArrayIndexOutOfBoundsExceptionが消えねええええええええ」と嘆けば誰かが助けてくれるかもしれません。

Twitterには人の揚げ足を取りたくてたまらない人が大勢います。上手く活用しましょう。

ggrks

「ググれカス」ですね。

これは個人的な体験談ですが、プログラミングの学習は書いてググっての繰り返しです。エラーが出たらググる、関数やメソッドの使い方が分からなかったらググる、知らない用語が出てきたらググる…。悩んでも解決できないときは悩み続けるのではなく、ググりましょう。

ちなみに、ググると最初の方に公式ドキュメント、少し下に行くと技術者向けの記事、さらに下に行くとちらほら初心者向けの記事が出てくるというパターンが多いです。初めから公式ドキュメントを読めればそれに越したことは無いと思いますが、検索結果をいくつか開いて、理解できる記事を読めば(最初は)良いと思います。

最後に

競技プログラミングのトップクラス選手がいたり、某IT企業に就職している人がいたり、ニコニコしながらLANケーブルを引きまくったりしている人がいる環境で、大して書けない僕がこんな記事を偉そうに書くのは非常に肩身が狭いのですが、これを読んで少しでもプログラミングの課題が楽になればと願ってやみません。